加地邸 KACHI-TEI

現存する「遠藤新」の
住宅作品の中でも最も貴重な住宅。

加地邸の紹介

建築家・遠藤新が設計した葉山の「加地邸」は、1928年(昭和3年)
に建てられた別荘です。
現存する遠藤新の住宅作品の中でも最も貴重な住宅とされています。
遠藤新は、フランク・ロイド・ライト(1867―1959)が「東京帝国
ホテル」建設のため来日した折、1917年にスタッフとして関わり、
竣工に至るまで主要な役割を果たします。
その後も「自由学園明日館」「旧山邑家住宅(現ヨドコウ迎賓館)」
など、ライトが日本において設計にかかわった建築のすべてにおいて、
設計から竣工までを実質的に支えました。
遠藤新の建築は、F.L.ライトの影響を強く受けています。
加地邸でも、地形に合わせて流れるような建築、家具、照明器具に至る
まで、総合的に設計する「全一」という建築哲学をF.L.ライトから
踏襲しています。

ご挨拶

この度、遠藤新設計による葉山の貴重な文化遺産である別荘「加地邸」
の継承をさせて頂くことになりました。
この葉山の快適な気候と豊かな自然に恵まれ、明治時代から東京の
別荘地として、御用邸を始め、政財界、文化人の素晴らしい邸宅がつくら
れていた記憶を継承し、「加地邸」の建築的、歴史的、環境工学的価値を
再確認し、そのモダンな中にも現代の日本人が忘れかけている日本人
の美学やライフスタイルに適合した空間の魅力を活かしつつ、維持管理、
保存し、様々なカタチで未来につなげていくことを目的としています。
今後とも宜しくお願い致します。

2016年1月 代表 武井雅子

アクセス神奈川県三浦郡葉山町一色

敷地面積: 1,129.52㎡
構造: 木造2階建 (一部地下1階RC造)
設計: 遠藤新
竣工: 1928年(昭和3年)
延床面積: 364.38㎡

PLAY MOMIE

加地邸をひらく継承をめざして

ページ数:96ページ
カラー写真25枚
白黒写真49枚
建築図面、家具図面
暖炉、照明、屋内、屋外の細部の説明
監修:加地邸保存の会
発行:一般社団法人住宅遺産トラスト
売価:1,500円
運賃:280円

下記よりご注文ください。
商品名、ご注文冊数、送り先をご入力下さい。
折り返し、お振込先をご案内いたします。
運賃込1,780円の入金確認後、発送となります。
尚、お振込手数料はご負担お願いします。
加地邸をひらく

お問合せ

題目
メールアドレス必須
確認用メールアドレス必須
お名前必須
お問合せ内容必須